くらし

ポインセチアが枯れそうな時は?特性を知って長く楽しむ方法をご紹介

真っ赤なポインセチア

クリスマスが近づくと目にする機会が多くなるポインセチア

お花屋さんの前を通りかかると、鮮やかな赤色に目を惹かれてしまいますね

飾っておくだけで、リースやツリーを飾らなくても、クリスマス気分が味わえるので

ついつい買ってしまいます。

そんなポインセチアですが、気が付くとしおれて元気がなくなっていたり、
あっという間に葉が枯れ落ちてしまったという経験はないでしょうか。

ポインセチアが枯れそうな時は?捨ててしまうしかないの?

今回はポインセチアの特性を知って、長く楽しむ方法をご紹介しますね。

暮らしに役立つこちら↓の情報もご興味のある方はご覧くださいね。
アクリルたわしの食器洗いに適した形や使い方をご紹介!

ポインセチアは冬に見かけるけど実は寒さに弱かった!

寒さの中にいる雪だるまお花屋さんでポインセチアを売っているのってクリスマスがほとんどですよね。

冬のお花だと思っている方も多いと思います。私もそうでした。

勝手に寒さに強いんだろうと調べもせず、冬の玄関に飾って楽しんでいました。

そして、みるみる元気が無くなり、枯れて葉が落ちて…

切り花ならば、ありがとうと言ってサヨナラできますが、鉢植ってこんなに
あっさり枯れてしまうもの?と思っていました。

そこで調べてみると、寒さに弱いということが判明。

  • 原産はメキシコ中央アメリカ。
  • クリスマスの観賞用として短日処理をして紅葉させる。
  • 0度を下回るような場所に放置すると葉が落ちる
  • 冬場の最低気温に注意冬は室内の10から25度が適温

↑購入するときに知りたい情報ですね。

色合いがクリスマスカラーというだけで、実は寒さがとっても苦手な植物なんですね。

お花屋さんでも、保温対策をしたり、暖かい場所に置いたりと枯れないよう
工夫しているようです。

ということで、冬場に購入することが多いポインセチアは寒さに弱いので
室外ではなく、室内(10度以上)で観賞する必要があります。

ちなみに、ポインセチアの花は、色付いた葉っぱの中央にある丸いツブツブの部分です。
日光を浴びる時間が減ると花芽を付ける短日植物で、短日処理を行うことでクリスマスシーズンにキレイに色付いたポインセチアを見ることが出来るんですね。

ポインセチアが枯れそうな時は?ポインセチアを長く楽しむ方法

せっかく購入したポインセチア、冬の間少しでも長く楽しみたいですよね。

では、どのようにしたら長く楽しめるのでしょうか?

  • 冬の間は日当たりの良い室内(10~25度)に置く。
  • 日中暖かい場合は室外でもOK。最低気温が10度未満になる場合は室内へ。
  • のやりすぎに注意。土が湿っている時は水やり不要
  • 土の表面が乾いたら、たっぷりと水やり(鉢底から流れ出るくらい)する。
    受け皿に流れ出た水は流してカラにおくこと。

これを実践するだけで、かなり長く枯れずに楽しめます。

寒さがとっても苦手なポインセチアは日照不足と乾燥にも弱いのです。
日が当たらない場所や、暖かい室内でも直接エアコンの風が当たる場所は避けるように
してくださいね。

次第に色づいた葉っぱは落ちてしまいますが、日が長くなってくると、新芽が出てきます。4月ごろまで室内で育てましょう。

ただし、寒い所に長く放置して、根が腐ってしまった状態(全体的に黒ずんでシナシナ)になってしまった場合は活させるのが難しいかもしれません。
少しでも楽しませてくれたことに感謝して、手放しましょう。

ポインセチアはしおれたらおしまい?初夏になったら植え替えを

葉がピンクに色付いたポインセチア我が家のほったらかしで育ったピンク色のポインセチア

寒い冬を乗り越え、新芽が出て元気な状態なら思い切って植え替えてみて下さい。

ひとまわり大きな鉢に新しい土(園芸用)を入れましょう。
水夏の暑さ対策や、肥料を定期的に与えると元気に育てることが出来ます。
はけを良くするため、鉢底石を忘れずに敷いてくださいね。

徐々に寒さに慣れるために、少しずつ外へ出して慣れさせるのが理想ですが、
私は面倒でベランダに出しっぱなしにして育ててみました。

お水も気が付いたらあげる程度にして、ほったらかしにしてみましたが、
青々とした葉が茂り、意外と元気にすくすくと育ちました。

短日処理(段ボールなどをかぶせて、日光を浴びる時間を短くする)をすると、
秋から冬にかけてキレイに色付いた葉を楽しむことが出来ますが、ほったらかしの
我が家のポインセチアも、12月ごろに葉の上の部分がちゃんと色付いてました

珍しいサーモンピンクのポインセチアを購入したので、
鮮やかなピンク色になっています。

伸びた枝を切って整えたりしないままだったので、購入時よりかなり大きく
育ってしまいました。
冬を乗り越えて、ここまで育ってくれたので満足です。

ポインセチアが枯れそうな時は?特性を知って長く楽しむ方法をご紹介まとめ

  • ポインセチアは寒さが大の苦手。
    冬は室内(10~25度)で育てましょう。
  • ポインセチアを少しでも長く楽しむには日当たりの良い室内で。
    乾燥にも弱いので、暖房の風が直接当たらないところに置く。
  • 水の上げすぎに注意。
    土が乾いたら、たっぷり水やりを。
  • 4月ごろまでは室内で保管。
    暖かくなってきたら徐々に外に出してあげる。
  • 新芽が出てきたら、植え替えをしてあげる。
    日当たり、温度管理、肥料の調整で翌年も鮮やかな色を楽しみましょう。

いかがでしたでしょうか。

少し枯れてきたかな?しおれてきた?
と感じたら早めに対処してあげたくださいね。

色鮮やかなポインセチア、少しでも長く楽しみましょうね。

暮らしに役立つこちら↓の情報もご興味のある方はご覧くださいね。
アクリルたわしの食器洗いに適した形や使い方をご紹介!