くらし

エシレのフィナンシェの温め方は?おすすめの保存方法をご紹介!

バター好きの人なら一度は食べたいエシレバター

フランスのエシレ村で生産される、クリーミーで芳醇な香りの発酵バターです。

創業から伝わる乳酸菌を使用していて、普段口にしているバターとは違う

ヨーグルトのような軽い酸味の香り高いバターは日本でも大人気!

エシレについて詳しくはこちらの記事もご覧くださいね。
エシレのクロワッサンが購入できる店舗は?食べ方もご紹介!

そんな芳醇な美味しいバターふんだんに使ったお菓子はたくさんありますが、

中でも気軽に味わえるのがフィナンシェ

今回は、エシレのフィナンシェの温め方は?おすすめの保存方法をご紹介
したいと思います。

エシレのフィナンシェの温め方は?

エシレの焼き菓子は、ギリギリまで焼き込んで粉のうまみを引き出しています。

そのためしっかりとした焼き色がついています。見るからにカリッと感が想像できますね。

そして、口に入れた瞬間ふわっとバターの香りが広がり、食べ終わってもエシレバターの余韻が楽しめるのが魅力です。

焼き立て当日は外側はカリッと、中はふんわりが楽しめます。

2日目、3日目は馴染んできて全体的にしっとりとした味わいに。
しっとりがお好みの方は、このままがオススメです。

フィナンシェの温め方はこちら↓の方法でどうぞ。

  • アルミホイルに軽く包んで、トースターで数分。
  • 同じくアルミホイルで緩めに包んでグリルで1分ほどでもOK。

温め直すことで焼き立ての香ばしさ、カリッと感がもどります。
エシレバターの芳醇な香りがより味わえるのはやっぱり温め直す方を
おすすめします。

エシレのフィナンシェの保存方法は?

エシレのフィナンシェエシレのフィナンシェ

普段食べているフィナンシェは全体的にしっとり。手に取るとバターの油分が手についていることがよくあります。

エシレのフィナンシェは他の洋菓子店で売られているフィナンシェに比べて、
かなり焼き込んでいる感じ。

手に取ると、あまり油分は付かないかな、と。
冬場は乾燥しやすいので、購入後は早めに頂いた方が良さそうです。

たくさん購入して、すぐに食べきれない場合はジップロックや蓋つきの保存容器で乾燥を防いで保存してくださいね。

賞味期限は3日ほど。
乾燥しないよう、上手に保存して早めに美味しく頂きましょう。

フィナンシェとマドレーヌの違いって?

エシレのフィナンシェとマドレーヌ

フィナンシェとマドレーヌ

もちろん形が違うのは分かるけど、一体何が違うのって思いますよね。

お値段も同じ(税込367円)だから、違いが分からないと迷ってしまいます。

そこで違いを簡単にご紹介したいと思いますので参考になさってくださいね。

フィナンシェ マドレーヌ
名前 金持ち・金融家・金の延棒 お菓子を作った女性の名前
材料の違い 卵は卵白、アーモンドプードル 卵は全卵
形の違い 金塊型 シェル型
作り方 焦がしバターを使う 溶かしバターを使う
食感・風味 しっとり・アーモンドとバターの風味 ふんわり・バターの風味

エシレのフィナンシェはハチミツやバニラビーンズが使われていたり、
マドレーヌはレモンピールのさわやかな風味があります。

その日の気分で選んでもよし!是非べ比べてみてくださいね。

エシレのフィナンシェの温め方は?おすすめの保存方法をご紹介!まとめ

エシレのフィナンシェの温め方は?

  • アルミホイルに軽く包んで、トースターで数分。
  • 同じくアルミホイルで緩めに包んでグリルで1分ほどでもOK。

フィナンシェのおすすめの保存方法は?

  • 乾燥しやすい冬場はジップロックや蓋つきの保存容器に入れる。
  • 乾燥を防いで保存がオススメ。
  • 賞味期限は3日ほど。

フィナンシェとマドレーヌの違いは?

  • フィナンシェは卵白、アーモンドプードルを使用。焦がしバターで
    しっとりとした味わい。金塊に似た縦長の形が特徴。
  • マドレーヌは全卵を使用し、溶かしバターでふんわりとした食感。
    濃厚なバターの風味が感じられ、貝殻の形が特徴。

いかがでしたか。

エシレバターを贅沢に使用したフィナンシェ

マドレーヌとの違いも頭に入れたうえで、お店に行くのもまた
楽しいですよね。

焦がしバターやアーモンドの風味、溶かしバターとレモンピールの香りなど
両方温め直してその味を比べてみてくださいね。

焼き菓子の他にクロワッサンにもご興味のある方は↓こちらの記事も
ご覧くださいね。
エシレのクロワッサンの食べ方は?購入できる店舗もご紹介!